« 英語発音ピンポイント修正 | トップページ | 命令形+alreadyとは(意味) »

2009年7月17日 (金)

「英語発音サクッ!と探検隊」英語発音一覧トップ

英語発音の3R

先日、英語の生徒である空手の先生にレッスンをしていたら、ふと悟ったようにおっしゃいました。

「英語ってリラックスしないと、ちゃんとした音が出ないんだ」

おおっと、驚きました。まさに核心をついていたのです。。。

では、サクッと命ですから、今日のお題の3Rをリストアップします。えいっ。

RELAX(リラックス) 喉、顎、コメカミ、舌のリラックス。

RESONANCE(レゾナンス) 響き。声帯の響きが全身に広がります。

RHYTHMN(リズム) うねりのようなリズム。

実は、この3つのRが密接につながっています。すなわち、リラックスすることで響きが増し、音節が滑らかにつながり、音節を超えたうねりのようなリズムも生まれます。この結果の様相はこんな感じ・・・「響きがうねり、リズムを作っている」

一方、日本語はというと、声帯で各音節(正確にはモーラ)の終わり(母音)ごとに、声門閉鎖(GLOTTAL STOP)が軽く起こり、喉が緊張するため、響きが広がらず、また音節が滑らかにつながらないので、音節を超えたうねりのようなリズムも生まれません。(英語でも語末のTの代用として声門閉鎖を使う場合はあります。あと、ついでに響き豊かな日本語にするコツは、音節を聞き取りにくくせずに、この声門閉鎖をできるだけ少なくすることにあると思います)

ということで、声帯で音節を切り分けている日本語に対して、声帯のエアフロー(息または声)をキープしたまま、舌や歯や唇で音節を切り分けている英語ということになります。このため、母音が連続する場合、日本語の場合は母音ごとに切れていますが、英語の場合は連続的につながった音となります。(ただし、日本語の場合、英語を「エーゴ」のように長音で発音する例は多くあります。2重母音的な音だらけだにゃあを参照ください)

ということで、結論。

3Rはまずリラックスから。(声の高さは自分のナチュラルな水準を楽にキープしましょう)★キラっ。トップ

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ (=ブログ応援クリック)

英語発音一覧(米語発音一覧)英語表現一覧カタカナ語一覧

英語発音と発声レッスンのお知らせ

*自動挿入広告を薄くしているため、コメントも薄くなりますが、ご了承ください。

« 英語発音ピンポイント修正 | トップページ | 命令形+alreadyとは(意味) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009917/30586578

この記事へのトラックバック一覧です: 英語発音の3R:

« 英語発音ピンポイント修正 | トップページ | 命令形+alreadyとは(意味) »